日記帳
本ページはプロモーションが含まれています
カテゴリー
Links
blog(ブログ)マスター
アンドロイドの巣
ゼロから始めるベランダ菜園
タイトル
ラジコン
2024年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

fatal: detected dubious ownership in repository

カテゴリー: General
2022-10-22
タイトル

執筆:2022.10.22
編集:2022.10.22


$ git log
fatal: detected dubious ownership in repository at 'C:/Program Files (x86)/Borland/BDS/3.0/my-2005fix-source'
To add an exception for this directory, call:

git config --global --add safe.directory 'C:/Program Files (x86)/Borland/BDS/3.0/my-2005fix-source'

Set the environment variable GIT_TEST_DEBUG_UNSAFE_DIRECTORIES=true and run
again for more information.


はぁ?
またですか!

ユーザーとグループにフルコントロール権限与えていたのに面倒くさいことしてくれますね。

原因

git仕様の変更:[2.35.2-] safe.directory
https://git-scm.com/docs/git-config/2.35.2#Documentation/git-config.txt-safedirectory

仕様変更はgitは管理が複数ファイルに分散なので、おそらくリポジトリ破損事故でもおこったのでしょうね。
fossilみたいに1ファイルだとそういう事故は起きない。

問題は、ファイル所有権者とカレントユーザーが違うために発生している。


解決方法は2択。
「メッセージにあるようにする」か「所有権を変更する」か。

今回は、カレントユーザー以外操作しないため、所有権変更で対応する

[管理者として実行]
所有者の一括変更 (cmd 管理者)
takeown /f フォルダ名 /r /d Y

OSのx64, x32の影響でソースコードを書き換えないでいいように
C:/Program Files/Borland/BDS/3.0は、
は、C:/Program Files (x86)/Borland/BDS/3.0へのジャンクションにしています。

takeownコマンドは、パスにジャンクションを含むとファイルがないとエラーが表示されるため
エラー: ファイルまたはディレクトリが見つかりません。
cdコマンドでカレントフォルダを移動します

cd "C:/Program Files/Borland/BDS/3.0/"
takeown /f my-2005fix-source /r /d Y


$ git log -n 1
commit 0e60755c24eab61ef9eb31742de0317ab9117cc5 (HEAD -> master)

はい解決


ブログ内 関連記事: fatal detected dubious


ブログ内 関連記事: fatal detected dubious

トラックバック
トラックバックはありません。
PR

[PR]